校長より

 本校は明治42年、東京府北多摩郡立農業学校として創立されました。大正12年、東京府に移管され、東京府立府中農蚕学校と改称されました。昭和23年、東京都立新制農業高等学校として、農業と家庭の各科を設置しました。そして、昭和25年、現在の東京都立農業高等学校となり、常に社会の変化に対応した先進的な取り組みを行い、農業および家庭に関する専門教育を積極的に推進してきました。
  
 現在、農業に関する学科として、都市園芸科、緑地計画科、食品科学科を設置しています。また、家庭に関する学科として、服飾科、食物科を設置しています。創立以来、社会に有意な人材の輩出を目指す教育理念を受け継ぎ、5つの「目指す学校像」を掲げています。

 第一は、専門性の基礎・基本と普通教育を通した確かな学力を身につけることのできる学校
 第二は、生徒一人一人の進路希望の実現を支援する学校
 第三は、明るく、たくましく、思いやりがあり、社会の変化に主体的に対応できる人材を育成する学校
 第四は、地域産業の発展に貢献できる人材を育成する学校
 第五は、調理師養成施設として、国家資格取得を支援する学校

 このような教育理念のもと、生徒は、農業および家庭に関する専門教育を通じて、一人一人の将来の夢の実現、社会に役立つ人間になることを目指して学校生活を送っています。また、卒業生が築き上げてきた本校の伝統と校風を受け継ぎ、発展させるよう、学校生活を送っています。
 さらには、本校の生徒は、真面目で優しい心を持つとともに、互いに切磋琢磨しながら日々努力することにより、成長しています。人間生活に必要不可欠な「衣・食・住」を学ぶ事ができる高校が東京都立農業高校です。このホームページをご覧になって、農業高校全日制課程に少しでも興味・関心をもたれましたら、是非ともお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。
                                                  
東京都立農業高等学校長
齋藤  義弘

-------------------------------------------











〒183-0056 東京都府中市寿町1丁目10-2番地
電話 : 042-362-2211 ファクシミリ : 042-360-0642